龍池の視点画像

経営者のお金の使いみちとは

経営者の活きたお金の使い方ってどんな使い方なのでしょうか?

一般社員と異なり、経営者のお金の使い方の基本方針は「投資」です。
金融資産などに投資をすることではなく、もっと広義の投資です。
では、何に投資をすると大きなリターンとなって返ってくるのかを考える必要があります。

・自己投資
自分のビジネススキルや経営力をアップさせるための学び、激しい仕事をこなし続けられる健康維持のための食事や運動、自身のマインドを成長させるための時間など

・人に対する感謝
取引先、経営者仲間(先輩・後輩)、メンター、社員など関わる人たちに感謝を伝えるための贈り物、差し入れ、食事、報償など

・寄付
困っている人に対する寄付。
あくまでも陰徳を積むことによる自分自身の心の安定のため

学びや刺激になる人との食事は、自己投資でもあり、人への感謝を伝えることにもなるので、時間やお金を使うべきことの中でも重要なものです。
そのような場面では、変にケチ臭くすると感謝の気持ちが伝わりません。
潔く綺麗に使うべきでしょう。
逆に、ギャンブルや贅沢過ぎる買い物などにお金を使うことは、文字どおり無駄遣いになってしまいます。
ただ、あまりにストイックすぎるとストレスになってネガティブな影響を生む場合もありますので適切な節度を保つことが重要です。

Hersメソッドを活用して、「増収増益の自動化」を実現したい方へ トップページへ戻るHERSメソッドを見るセミナー情報を見るお客様の声を見る龍池の視点を見る会社概要を見る
1 / 11
サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る